“ほご”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
反古66.9%
反故20.3%
保護9.3%
2.1%
故紙0.4%
晡後0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その側には食い掛けた腸詰や乾酪を載せた皿が、不精にも勝手へ下げずに、国から来た Figaro反古せて置いてある。
青年 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
ての約束はあるし、御前も約束を反故にするような軽薄な男ではないから、小夜の事は私がいないでも世話はしてくれるだろうが……
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
其時日本帝國』から何程利益保護とをけてゐるのかとはれたら、返事には當惑するほどのミジメな貧乏生活つてゐたに。
こんなことから話をし始めて、私たちは市中で昼食後の昼寝時間の過ぎるのを待った。
河明り (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
いわゆる臨済の三乗十二分教もその真を知らざれば故紙に等しというような考えはチベット人には全く無い。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
沢ニ沿ヒ沮洳ノ間ヲ往クコト数里ニシテ鹿島台ニ飯ス。三本木川ヲ渡ル。田野ケ黄雲天ニ連レリ。ソノ風害ヲ被ルコト白川前後ノ甚シキガ如クニ至ラズ。我心降ル。晡後県ニ入ル。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
「これは能く蒔絵の図案にされるものです。」甥はさう言ひながら、一葉一葉の重なりを、そつとしてゐた。
芭蕉と歯朶 (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)