“五車”の読み方と例文
読み方割合
ごしゃ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人の説く法のうち、他の弁ずる道のうち、乃至五車にあまる蠧紙堆裏に自己が存在する所以がない。あれば自己の幽霊である。もっともある場合において幽霊は無霊より優るかも知れない。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
一、 冬ごもり五車反古のあるじかな 召波
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
歌反古とか、五車反古と云うようなものを入れちゃ、どうです」
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)