“八百八狸”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はっぴゃくやたぬき50.0%
やおやだぬき50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“八百八狸”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「うむ、知っておる。伊予いよ松山の八百八狸はっぴゃくやたぬき佐渡さど団三郎狸だんざぶろうたぬき……讃岐の禿狸といえば、大した顔だ」
「そら、伊予の松山の八百八狸やおやだぬきって有名な奴さ。」
野ざらし (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)