“築城”の読み方と例文
読み方割合
ちくじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大和川淀川の二をひいての長さを合計すると三八町とかいうのだから、もって、いかにそのげさな築城かがわかるであろう。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
兵法にいわく、天水危城つべし、工水名城も保つべからず。——人体血脈ともみるべき大事な一の水を、掛樋でよばんなどとは築城逆法
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
日本では何人とを折られる築城地学家、これくらいなことは、表看板をたたくことよりたやすいこと。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)