“築城書”の読み方と例文
読み方割合
ちくじょうしょ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とどうじに、諭吉は、このぬすみうつした築城書をよんでみたくなりました。それには、大阪へいって、みっちり勉強しなければなりません。
さっそく、ペンと墨汁用意して、二百ページあまりの築城書を、かたっぱしからうつしはじめました。
諭吉は、大阪適塾で、医学物理をみたことはありますが、まだ築城書をみたことはありません。