“今霄”の読み方と例文
読み方割合
こよい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
し此の事が人の耳に這入って、明日にも新聞紙上へでも出るような事があっちゃア僕もは出来ず、何うしても職を辞さんければならんから、今霄に僕は此者を一旦連れ帰って
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)