“そよそよ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
習々50.0%
颯々50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
浴後を涼みゐる貫一の側に、お静は習々団扇の風を送りゐたりしが、縁柱れて、物をも言はずれたる彼の気色を左瞻右視
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
西は松原のつづきで、松の木陰をもるる太陽の光線が白壁へ映って、ちょうど首なしの人形のようで、それが颯々風の吹くたびに動くので、飛び回るように見えるのだ。
おばけの正体 (新字新仮名) / 井上円了(著)