“ざわざわ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
騒々75.0%
雑然12.5%
颯々12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのほか集まって来ていた足軽だの、宿直の者だの、番士たちだのが、真っ黒に垣をなして何か騒々いっているのだった。
宮本武蔵:03 水の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
悲鳴するような叫喚が、山に反響して雑然如何にも物凄くえてくるので、乗客は恐ろしさにえず、皆その窓を閉切って、震えながらに通ったとの事である。
大叫喚 (新字新仮名) / 岩村透(著)
艸花立樹の風にまれる音の颯々とするにつれて、しばしは人の心も騒ぎ立つとも、須臾にして風が吹罷めば、また四辺蕭然となって、軒の下艸く虫ののみ独り高く聞える。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)