“何月何日”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なんぐわつなんにち50.0%
いついつか50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
次第にて大陰暦春夏秋冬らず、一年の日數るものなれば去年何月何日と、今年其日とはのみ同樣なれども四季相違せり。
改暦弁 (旧字旧仮名) / 福沢諭吉(著)
大陽暦日輪地球とをせて其互釣合て一年の日數たるものゆへ、春夏秋冬寒暖毎年なることなく何月何日といへば丁度去年其日時候にて
改暦弁 (旧字旧仮名) / 福沢諭吉(著)
「それは仕方がない。ただ、その出来上がる日が決定したら、すぐ工場のほうへ、何月何日に早朝から花見をするということを言ってやっておいてくれ」
仮装観桜会 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)