“ぎょい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
御意92.2%
御衣7.2%
漁衣0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「申し入れたき一議ござって、志水但馬、加藤源兵衛、二人揃って参上いたした。ついては佐原嘉門殿に、是非密々に、御意得たい」
猫の蚤とり武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
内侍所に雨や月影が洩って、冬ともなれば、御衣にすら事を欠くと、勿体なげに沙汰する下々の憂いもであろう。
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
腰切りの漁衣、はだけた胸。その大胸毛は珍しくないが、石盤のような一枚肋骨は、四の絶壁を思わすに充分である。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)