“なにぶん”の漢字の書き方と例文
語句割合
何分100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
天道樣てんたうさま何分なにぶんたのまをしますぜ、やあお天道樣てんたうさまといやることは/\。
雪の翼 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
ジーッと立ち止まって居りますともう少し下へ行けば水があるからと言ってくれたけれども何分なにぶんにも進むことが出来ない。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)