“切貼”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きりば66.7%
きりばり33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“切貼”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
六ちゃんが戸口でそう云うと切貼きりばりだらけの障子が二インチほどあいて、五十歳ばかりのせた男が、顔の半分だけでこっちをのぞいた。
季節のない街 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
林之助がまだここにいる頃に粗相で一カ所破いたので、なにか切貼きりばりをするものはないかと、彼は近所の絵草紙屋へ行って探した末に、鬼の念仏の一枚絵を買って来て貼り付けた。
両国の秋 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
私は所定めず切貼きりばりした本堂の古障子ふるしょうじ欄干らんかんの腐った廊下に添うて、凡そ幾十枚と知れず淋しげに立連たちつらなった有様を今もってありありと眼に浮べる。
伝通院 (新字新仮名) / 永井荷風(著)