“兄弟喧嘩”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きやうだいげんくわ50.0%
きょうだいげんか50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『どうしてまあ兄弟喧嘩を為るんだねえ。』と細君は怒つて、『左様お前達にで騒がれると、母さんは最早気がひさうに成る。』
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
はじめは、どうも、やはり兄弟喧嘩なんかしていたようですが、しかし、いまでは、お互い非常に尊敬し合っているようです。理窟でないんです。
惜別 (新字新仮名) / 太宰治(著)