“きょうだいげんか”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
兄妹喧嘩50.0%
兄弟喧嘩50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
兄妹喧嘩をしたんだって云うじゃないか。先生も奥さんも、お秀さんにしゃべりつけられて弱ってたぜ」
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「もっとも今までが不真面目という訳でもありませんけれどもね。何しろさんさえここにいて下されば、まあ大丈夫でしょう。いつもの兄妹喧嘩になったら、その時にめていただけばそれまでですから」
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
はじめは、どうも、やはり兄弟喧嘩なんかしていたようですが、しかし、いまでは、お互い非常に尊敬し合っているようです。理窟でないんです。
惜別 (新字新仮名) / 太宰治(著)