“騎西”の読み方と例文
読み方割合
きさい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
武蔵の産物としては騎西加須鯉幟もその一つに挙げるべきでありましょう。五月の節句に勢いよく高くくあの幟であります。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
それが、騎西一家に凍らんばかりの恐怖を与え、絶望の底に引き入れた、稚市だった。その時、もし全身を現わしたなら、それは悪虫さながらの姿だったであろう。
白蟻 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
一方に北埼玉郡騎西町の条には「武家屋敷の集まりし所を根小屋という」とあり
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)