後世への最大遺物こうせいへのさいだいいぶつ
この小冊子は、明治二十七年七月相州箱根駅において開設せられしキリスト教徒第六夏期学校において述べし余の講話を、同校委員諸子の承諾を得てここに印刷に附せしものなり。 事、キリスト教と学生とにかんすること多し、しかれどもまた多少一般の人生問題を …
作品に特徴的な語句
ちい 御前ごぜ あら よお ほと ともの 使つこ いだ 生存いきなが せい ふたた うれい とど ひそ むな こく 今時こんじ ゆだ さだ おのれ たい 汚穢きたな きた おのず 隧道ずいどう つか かり そな まさ ばけ 吝嗇けち 奇特きとく まち おぼ 恩恵めぐみ いくさ うらやま いま ついや たが あし くだ 不忍しのばず 乃至ないし 今日こんにち 仮名かな まか 何故なぜ 価値ねうち そば つぐな もう まった おおやけ ところ 出遭であ かわや 反古ほご 嚆矢こうし 基督キリスト 外家がいか おお 奇体きたい やつ さまた いや へや 寡婦やもめ 山陽さんよう 川原かわら おの 幾何いくばく とこ 弾正だんじょう 後楯うしろだて 御免ごめん 御名みな なま 意地いじ 慷慨こうがい いまし