“まへ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
86.3%
以前8.0%
前方1.3%
御前0.9%
0.9%
前脚0.4%
前車0.4%
前述0.4%
前部0.4%
已前0.4%
最初0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
くほつとしたもちになつて、卷煙草をつけながら、をあげて、してゐた小娘を一した。
蜜柑 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
帽子屋ッた一人場所へたに一いことをしました、ちやんは以前よりもくなりました、だつて
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
このとき我いよ/\大きく目を開きてわが前方を望み、その色石と異なることなきを着たる魂を見き 四六—四八
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
まつての御考へは御前さまのにもしばしの御辛抱うちにはともして屹度こばせ申べし八重が一れともしめしてやうなしいことおかせばすなとて
五月雨 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
此盆にも此の正月にも心付して呉れたお吉と気がついて八五郎めんくらひ、素肌に一枚どてらの広がつて鼠色になりし犢鼻褌の見ゆるを急に押し隠しなどしつ、親分、なんの、あの、なんの姉御だ
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
前脚かけて岸にをどるとく駒の尻毛がさばく渦の水玉
海阪 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
「ヂヤ、与太、吉田屋の婆さんにく言うて呉れよ、れ近日返金するつてツたつてナ」と前車の御者はきつゝ、大宮行の馬車は国神宿に停車せり
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
竹山の親しく見た野村良吉は、大略前述の様なものであつたが、渠は同宿の人の間に頗る不信用であつた。
病院の窓 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
『来たよウ。』と駅夫が向側で叫んだので、二人共目を転じて線路の末を眺めると、遠く機関車の前部が見えて、何やらキラ/\と日に光る。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
とばかり西洋医真似事もいたしますが、矢張大殿御隠居様杯は、水薬だとしやるから、已前煎薬げるので、相変らずお出入してる、這囘多分のお手当
八百屋 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
れて友達のうちへつた一分始終祖母してきかせました。すると、祖母をみはつて、そのかたは最初の「つれあひ」だつたとかれました。
桜さく島:見知らぬ世界 (新字旧仮名) / 竹久夢二(著)