“挑発”のいろいろな読み方と例文
旧字:挑發
読み方(ふりがな)割合
ちょうはつ81.8%
からか9.1%
はずみ9.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“挑発”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語5.5%
総記 > 図書館・図書館学 > 読書・読書法4.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そして二、三日のうちに、近隣のよしみによるふだんの関係から、戦争に先立つ挑発ちょうはつ的な調子に変わっていった。
その辺に転がっていた屍骸の鼻を缺いて来て桔梗の方の敵愾心てきがいしん挑発ちょうはつする道具に使ったのであろう。
かような夢で夜が明けて、学校へ行は行ったが、終りの時刻が待遠しく、帰るや否や秋元の勝手へ向い、かねて貞之進が同宿の悪太郎にせびられるのを気の毒がって、学資の余分を亭主が預って置て呉れるのを受戻し、傍から女房が芸妓買ですかと挑発からかったを
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
聴者ききてが熱心であるだけに、弁者べんしゃにも大いに挑発はずみが付いて、忠一も更に形を改めた。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)