“もてあそ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:モテアソ
語句割合
87.1%
8.6%
3.5%
0.3%
持遊0.3%
玩弄0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それから頭の上に胡桃の実がなつてゐる。さういふものをんで時を過ごすに、彼等の銘々は赤い顔をして帰つて来て車房に入つた。
ヴエスヴイオ山 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
それ以前の子供の遊びは、この花の長く垂れたしべを髪に結び、またはその形のままを髪の垂れた人に見立ててぶことであった。
書画や骨董をぶのは何よりのみだという人もあろうが主人一人のみで妻君や家族は一向書画の趣味を解せん。してみると主人一人の翫具だ。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
少女はもう何事も諦め、気をへて、運命の浪の水沫をぶ無邪気な妖女神のやうな顔つきになつてゐる。
小町の芍薬 (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
鼻汁かんだら鼻が黒もうばかりの古臭い書画や、二本指でせるような持遊び物を宝物呼ばわりをして、立派な侍の知行何年振りの価をつけ居る、苦々しい阿房の沙汰じゃ。
雪たたき (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
さるにても暢気沙汰かな。我にい我にぶる夥多の男女を客として、き身をり、商業を玩弄びて、気随に一日を遊び暮らす。
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)