“持遊”の読み方と例文
読み方割合
もてあそ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鼻汁かんだら鼻が黒もうばかりの古臭い書画や、二本指でせるような持遊び物を宝物呼ばわりをして、立派な侍の知行何年振りの価をつけ居る、苦々しい阿房の沙汰じゃ。
雪たたき (新字新仮名) / 幸田露伴(著)