“傘下”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さんか90.0%
からかさおろ10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さらに三斎について注目すべきは、彼が徳川の傘下りながら、幕府の不遜な対朝廷策に、大きな忿懣を抱いていたことである。
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そうかと思うと、それほどけばけばしく女性尊重を放送しないフランス人が、家庭は全く主婦の女王の傘下従順まって易々諾々である。
女性崇拝 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
と緑の光弾、円蓋火箭、ああ、その銀光の投網傘下し、爆裂し、奔流し、分枝し、交錯し、粉乱し、重畳し、傘下し、傘下し、傘下し、八方に爛々として一瞬にしてまた闇々たる、清秀とも
木曾川 (新字新仮名) / 北原白秋(著)