“傘雨”の読み方と例文
読み方割合
さんう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と口ずさんだので、傘雨宗匠に、これでも俳句となりませうかと、うかがつて見ようと思ひながらそのままになつてゐる。
煎薬 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
もし/\、久保田さん、とんで、こゝで傘雨さんにおにかゝりたい。これではになりますまいか。
木菟俗見 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
明日は名におう堺町葺屋町の顔見世、夜のから前景気のいを茶屋で見ようと、雅名を青楼へせず芝居に流した、どのみち、傘雨さん(久保田氏)の選には入りそうもないのが
雪柳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)