“春雨傘”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はるさめがさ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“春雨傘”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 日本4.2%
文学 > 日本文学 > 日本文学0.4%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
かざ春雨傘はるさめがさ昔人むかしびと
五百句 (新字旧仮名) / 高浜虚子(著)
桜痴居士こじは、現今の歌舞伎座を創立し、九代目団十郎のために、いわゆる腹芸の新脚本を作り、その中で今でも諸方でやる「春雨傘はるさめがさ」が、市川家十八番の「助六」をきかせて、蔵前くらまえ札差ふださし町人
田沢稲船 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)