“雨曝”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あまざら66.7%
あまざ16.7%
あまざれ16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“雨曝”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 倫理学・道徳 > 人生訓・教訓12.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「だが荷物が厄介やっかいだよ。あの軽便へ雨曝あまざらしのまま載せられる事を考えると、少し心細くなるから」
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
けれども彼らの雨曝あまざらしになるのをに病んだほどの大嵩おおがさなものはどこにも見当らなかった。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
中が絶えて、それから、ぼやけた輪を取って、朦朧もうろうと、雨曝あまざれの木目の高い、門のに映って、蝙蝠こうもりの影にもあらず、空を黒雲が行通うか何ぞのように、時々
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)