“あまざれ”の漢字の書き方と例文
語句割合
雨曝100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
中が絶えて、それから、ぼやけた輪を取って、朦朧もうろうと、雨曝あまざれの木目の高い、門のに映って、蝙蝠こうもりの影にもあらず、空を黒雲が行通うか何ぞのように、時々
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)