“指擧”の読み方と例文
読み方割合
ささ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これより後、淡海の佐佐紀の君が、名は韓帒白さく、「淡海の久多綿蚊屋野に、猪鹿にあり。その立てる足は、原の如く、指擧げたるは、枯松の如し」
ここにその 大御酒杯を取らして、立ち依り指擧げて、歌よみしたまひしく