“大目玉”の読み方と例文
読み方割合
おほめだま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
召返し、いて、昌黎うしてふ。ずや、市肆賤類朝暮みに齷齪たるもの、一事ずるあり、ばずしてをかなすと、叔公大目玉はす。
花間文字 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
大目玉で、天守んで、ト其処られてござるげな、最惜い、魔界業苦に、頭髪一筋づゝ、一刻生血らすだ、奥様苦脳れずに、くまでれさ、れたら介抱すべい。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
一體では小説嚴禁なので、うつかり教師見着かると大目玉ふのみならず、以前三馬浮世風呂一册沒收されて四週間置放しにされたため、貸本屋から嚴談つて、大金られ
怪談女の輪 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)