平塚・山川・山田三女史に答うひらつか・やまかわ・やまださんじょしにこたう
女史の経済的独立と母性保護問題とについて、平塚雷鳥さんと私との間に端なくも意見の相異を見たのに対して、平塚さんからは、再び辛辣な反駁を寄せられ、山川菊栄さんと山田わか子さんのお二人からは、鄭重な批評を書いてくださいました。私は何よりも先ず三 …
作品に特徴的な語句
さげす きわま まさ いた おろそ くわわ 巴里パリイ くるし くつが はじ 気紛まぐ 細々ほそぼそ 日傭ひやとい すべ しばら 天日てんじつ ささ すま いにしえ おのずか ふや やや やしな もら つと はし 翹楚ぎょうそ 破綻はたん きず 畢竟ひっきょう とど 瓦斯ガス 珈琲コーヒー 独逸ドイツ 辛辣しんらつ あずか 鼎足ていそく 麺麭パン 顛倒てんとう あら 障碍しょうがい 附切つきき 鄭重ていちょう あまね 老子ろうし 輔佐ほさ 躊躇ちゅうちょ もら 誤謬ごびゅう 見做みな もたら 荀子じゅんし ここ しの すくな 安固あんこ 子思しし とら とが 反駁はんばく まさ 勃興ぼっこう 島嶼とうしょ 冠冕かんべん 儲蓄ちょちく ひが 僕婢ぼくひ 偶〻たまたま 何人なんぴと 炬火たいまつ ひん あさ 混淆こんこう ごう こと 歩趨ほすう かじ しか 斧鉞ふえつ そろ 打克うちか 所以ゆえん 怒濤どとう 忖度そんたく 希臘ギリシャ