“ひた”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヒタ
語句割合
70.8%
9.9%
3.4%
日田3.1%
3.1%
2.8%
0.9%
0.6%
火焚0.6%
火焼0.6%
0.3%
0.3%
日足0.3%
0.3%
密接0.3%
0.3%
引板0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この壁柱星座え、白雲がり、藍水つて、め、下草おのづから、浮彫したるく。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
その意味で、それがれを滲ませているかぎり、画布はいのちの中にり、いのちの中に濡れているともいえよう。ハイデッガーはいう。
絵画の不安 (新字新仮名) / 中井正一(著)
といいながら、ったから、何をるのかと思ったら、ツカツカと私の前へ来てと向合った。前髪がに触れそうだ。が鼻を衝く。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
これらの窯と共に、なおも驚くのは日田皿山であります。豊後の国の山奥にあるため、今日までほとんど誰からも知られずにいました。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
黄海! 昨夜月を浮かべて白く、今日もさりげなく雲をし、島影を載せ、睡鴎の夢を浮かべて、悠々としてよりも静かなりし黄海は、今修羅場となりぬ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
風呂場にれば、一箇の客在りて、燈点さぬ微黯湯槽りけるが、何様人のるにけるとく、しげに身を起しつ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
そのままにと思入るのみなりし貫一も、く覚えて身動ぐとともに、この文殻埓無き様を見て、ややてたりげに左肩より垂れたるを取りて二つに引裂きつ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
二筋の流れは両岸の緑をし、空の色を映して、走って行く、日は錫のような冷たい光を放射して、雲は一団の白い炎になり、ぎらぎらと輝く、私たちは路を狭めるき分けて行く、笹の葉から
谷より峰へ峰より谷へ (新字新仮名) / 小島烏水(著)
その時に火焚きの少年が二人の傍におりました。依つてその少年たちに舞わしめますに、一人の少年が「兄上、まずおいなさい」というと、兄も「お前がまずいなさい」と言いました。
さうして其は、広い家の外廓になつて居て、大炊殿もあれば、火焼き屋なども、下人の住ひに近い処に立つてゐる。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
十六人の女たちは、時々彼を奪い合って、互に嬌嗔を帯びた声を立てた。が、大抵は大気都姫が、妹たちの怒には頓着なく、酒にった彼を壟断していた。
素戔嗚尊 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
彼は酒にりながら、洞穴の奥にって、一夜中泣きの涙を落していた。彼の心は犬に対する、燃えるような嫉妬で一ぱいであった。が、その嫉妬の浅間しさなどは、寸毫も念頭にはらなかった。
素戔嗚尊 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
入道相國非道擧動御恨みを含みて時のを願はせ給ふ法住寺殿と、三代の無念を呑みてすら時運の熟すを待てる源氏の殘黨のみ、内府遠逝を喜べりとぞ聞えし。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
今は屋島の浦にを留めて、すら最後の日を待てるぞ哀れなる。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
また命詔したまはく「いかにして日足しまつらむ」とのりたまへば、答へて白さく、「御母を取り、大湯坐若湯坐を定めて、日足しまつるべし」
かれその后のまをしたまひしまにまに、日足しまつりき。
へいげんこのまた愛妾を携えて門前に出でぬ。出でて快げに新開地を歩み行けば、松の木蔭に雨宿りして、れに濡れたる一個の貧翁あり。
金時計 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
彼奴等可憐しいヂュリエットの白玉むことも出來る、またから……上下が、温淑處女氣で、ひに密接ふのをさへいことゝうてか
兼ね備えたこれらの紙漉機械のあらゆる細部の機関、細きもの、たきもの、円き、綱状の、腕型の、筒の、棒の、針金の、調革の、それらがひとしく動いて、光って、流れて、揺れて、廻って
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
鳴子引板も、半ば——これがためのだと思う。むかしのものにも、年月る間には、おなじ背戸に、孫もるはずだし、第一椋鳥を賭けて戦う時の、雀の軍勢を思いたい。
二、三羽――十二、三羽 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
したがって『隋書』に〈真臘国に浮胡魚あり、その形䱉に似る、嘴鸚䳇のごとく八足あり〉、また『類函』四四九に『紀聞集』を引いて天宝四載広州海潮に因って一蜈蚣をし殺す
訴へ「近代、長門守殿内検地詰存外の上、へ高免の仰付けられ、四五年の間、牛馬書子令文状、他を恨み身を恨み、落涙袖をし、納所ると雖も、早勘定切果て——」
島原の乱雑記 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
立待岬から汐首の岬まで、諸手を擴げて海を抱いた七里の砂濱には、荒々しい磯の香りが、何らず北國の強い空氣につて居る。
漂泊 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
懷中時計海水されて、最早にはらぬが、午前の十と十一とのであらう、此時不圖心付くと、今迄は、たゞのまに/\つてるとのみつてつた端艇
柄になく、思い出にっているところ……どうもお金がなくなると思い出にふけるのが、この長庵先生の習癖のようで。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
然れども後には、その伺見たまひし御心を恨みつつも、ふる心にえへずして、その御子をしまつるに因りて、その玉依毘賣に附けて、歌獻りたまひき。その歌