“籔”の読み方と例文
読み方割合
やぶ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
杉丸太、竹束、樅板なぞが、次から次へてしなく並んで、八幡みたように、一旦、迷い込んだら出口がナカナカわからない。
芝居狂冒険 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
ムルタとデルミッドは立ち上がり言葉もなく谷間を歩いて行った、二人のかすかな足音が羊歯をうごかした、のしげみを出ると、松の中の路になった。
(新字新仮名) / フィオナ・マクラウド(著)
みに来たおばあさんは、寒竹の中に、小犬を埋めたしるしの石を見て呆然としてしまったのだった。