“籔鶯”の読み方と例文
読み方割合
やぶうぐいす100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
殷々と響く初午の太鼓。かなたに多那川の堤を焼く煙。野地の籔鶯。畑に麦踏む頬冠りの人。藍染橋を渡る野良猫と町の猫との恋。
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)