“籔睨”の読み方と例文
読み方割合
やぶにらみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鼻はひどい段鼻だしそれに眼といったら気味の悪るいほどひどい籔睨で、ほんとにあんなにひどいのは私見た事も聞いた事もありませんわ、だからその人に睨められると