“日田”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひた90.9%
ひだ9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
仲間の抜荷買連中と共に逸早く旅支度をして豊後国、日田の天領に入込み、人の余り知らない山奥の川底という温泉にっていた。
名娼満月 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
これらの窯と共に、なおも驚くのは日田皿山であります。豊後の国の山奥にあるため、今日までほとんど誰からも知られずにいました。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
広瀬淡窓は人も知つてゐる如く豊後日田の儒者であつた。ある時養子の青邨が淡窓に訊いた事があつた。