“一夜中”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひとよじゅう33.3%
いちやじゅう33.3%
いちやぢゆう33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼は酒にひたりながら、洞穴の奥にうずくまって、一夜中ひとよじゅうよい泣きの涙を落していた。
素戔嗚尊 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
どうかすると一夜中ひとよじゅう、森林の奥を歩き廻って、冒険を探す事もないではなかった。
素戔嗚尊 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
成程なるほど二階の亜字欄あじらんの外には、見慣ない樹木が枝を張った上に、刺繍ぬいとりの模様にありそうな鳥が、何羽も気軽そうにさえずっている、——そんな景色を眺めながら、お蓮は懐しい金の側に、一夜中いちやじゅう恍惚こうこつと坐っていた。
奇怪な再会 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
成程一人は一夜中いちやぢゆう一しよに語りあかした。
世之助の話 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)