“一夜酒”の読み方と例文
読み方割合
ひとよざけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
根が悪徒ではござりませぬ、取締りのない、ただぼうと、一夜酒が沸いたような殿じゃ。も、も、女郎花も、見境はござりませぬ。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
いわゆる一夜酒酒甕に醸して置いて、その熟するを待つ心が、同時にまた祭や節日に対する微妙なる準備心理であった。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
今宵は三輪大明神に「一夜酒の祭」というのがあります。