“農人”の読み方と例文
読み方割合
のうにん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此近在の農人おのれが田地のうちに病鶴ありてにいたらんとするを見つけ、たる人参にて鶴の病をしに、日あらずて飛去りけり。
罫を引くごとくも広き野を鋤きて土に順ふ支那の農人
夢のうちに、農人曰く、ながをみづから作れ
海潮音 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)