“仕掛張”の読み方と例文
読み方割合
しかけばり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこで、書院窓の明りを避けて、ソロ……と四、五尺身を退いた。——と思うと長廊下、忍者ふせぎの仕掛張が、キキキキ……と鳴くかのようにみだす。
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)