“はひ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ハヒ
語句割合
53.6%
這入18.7%
18.1%
匍匐2.4%
1.2%
入港1.2%
1.2%
入場0.6%
入学0.6%
入社0.6%
白灰0.6%
0.6%
0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、息切れのすると、めたつて、鸚鵡したとふ、いてけて、カツキとんだ小指一節
印度更紗 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
そこで本町橋の東詰まで引き上げて、二を分ち、堀は石川と米倉とを借りて、西町奉行所へ連れて帰り、跡部は城へ這入つた。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
からはにあともめずりは棚引ゆるを、うれしや執着らざりけるよと打眺むれば、やもりくるばにのおとし。
軒もる月 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
このにはげまされ、我は彼のあとより匍匐つゝわが足圓の上を踏むまでしひて身をすゝましむ 四九—五一
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
自分の頭にたかツたは、自分で逐ふさ。いたツて、倒れたツて、人は何でも自分の力で、自分の行く道をいて行ツた方が、一番安心だ。それがまた生存の意義にも適してゐるといふもんだ。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
『越後米を積んで、雲海丸の入港つたのは、昨日だつたか一昨日だつたか、野村君?』と竹山が云つた。
病院の窓 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
し居たりしが如何なるか其後家の處へ兄清兵衞がより辛抱して段々とぎ出し夫に又女房が勿々針仕事彼處にて頼まれ夫婦にてしかばち三四年のに金が出來て普請
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ロミオ と、りに斷口上うて入場ったものか、しはしにせうか?
でも数へ年で僅か六歳の、然も私の様に尫弱い者の入学るのは、余り例のない事であつた。
二筋の血 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
一週間許り以前に長野と云ふ男が助手といふ名で入社つた。竹山が来ると同時に社内の空気も紙面の体裁も一新されて、野村も上島も怠ける訳にいかなくなつた。
病院の窓 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
十一月中旬の夜は既にけ行きぬれど、梅子はだ枕にもかざるなり、乳母なる老婆は近く座を占めて、我がにも似たらん火鉢の白灰かきならしつゝ、梅子をみつかき口説きつ
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
やみのれて
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
の両手をむが可笑しさに。
悲しき玩具 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)