悲しき玩具かなしきがんぐ
呼吸すれば、 胸の中にて鳴る音あり。 凩よりもさびしきその音! 眼閉づれど、 心にうかぶ何もなし。 さびしくも、また、眼をあけるかな。 途中にてふと気が変り、 つとめ先を休みて、今日も、 河岸をさまよへり。 咽喉がかわき、 まだ起きてゐる果 …
作品に特徴的な語句
をっと ぎやう あじは おろ まへ 切通きりどほし はう いへ はひ あふ やま あひだ しょ をし 山荘さんさう やまひ うづ まう にほ てき きず 長病ながやまひ 乗換のりかへ なに けは 今日けふ 蝋燭らふそく 眠気ねむげ 挿絵さしゑ 振舞ふるま 為替かはせ 符牒ふてふ おと 患者くわんじや 主筆しゆひつ 恋文こひぶみ いか 心底しんてい 方角はうがく 廊下らうか ねん みやく まち 腰掛こしか 寝覚ねざ 曠野あらの ぐわつ 五年いつとせ たば よめ 夜半よは よる 障子しやうじ 外套ぐわいたう なほ おぼ たたみ 四月しぐわつ 金側きんかは 四日よっか めづ 妻子つまこ 玩具おもちや 誤植ごしよく さい 田舎ゐなか 可笑をか ほとり なが 眠気ねむけ たま 生命いのち 生活くらし 父母ちちはは くせ あと 煙草たばこ