らい
新しく連れて来られたこの町の丘の上の刑務所に、太田は服役後はじめての真夏を迎えたのであった。暑さ寒さも肌に穏やかで町全体がどこか眠ってでもいるかのような、瀬戸内海に面したある小都市の刑務所から、何か役所の都合ででもあったのであろう、慌ただし …
作品に特徴的な語句
かお づか あせ 仕度じたく やさ うら がえん らつ 手拭てぬぐ むし きび こら うわ 鼻汁はなじる あたた よご 真直まっす とびら 蒼白そうはく 彷徨ほうこう たず たず さか ほとば かた たく 遠吠とおぼ がね 名残なご あざ 飛沫ひまつ 脇目わきめ 焼傷やけど あふ 煤煙ばいえん 牡丹ぼたん 牢獄ろうごく 狂人きちがい 狼狽ろうばい みだ 猪首いくび 生温なまぬる 田舎いなか とき 畏敬いけい きず あと あざ しび 驚愕きょうがく 癩病らいびょう 目脂めやに 相俟あいま 相槌あいづち 眇目すがめ 眉毛まゆげ 真似まね 騒擾そうじょう なが にら またた まぶた 駄目だめ こわ 駁言ばくげん 磐石ばんじゃく はし 節約しまつ かゆ くそ あか ひも 綺麗きれい 編笠あみがさ くく ばち 羨望せんぼう 翠巒すいらん 翻弄ほんろう 老人としより はだ 肛門こうもん 肝腎かんじん ふと 諧調かいちょう なぞ むさぼ
題名が同じ作品
(旧字旧仮名)島木健作 (著)