“焼傷”の読み方と例文
旧字:燒傷
読み方(ふりがな)割合
やけど100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼はひどく焼傷やけどをし、ひどくつかれていたので、翌朝まで何事が起きたのか彼から聞くことは出来なかった。
「でも洋服だからよかつたのです。これが和服だつたら身体中からだぢゆう焼傷やけどをするところでした。」