“焼傷”の読み方と例文
旧字:燒傷
読み方割合
やけど100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼の頭が、薬罐やかんのように、赤くてかてかと禿げているのも、実は焼傷やけどの跡ではなくて、その頃に引き受けた悪い病気の名残りなそうである。
再度生老人 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
悪魔は不意を打たれて、手やら足やら顔やら焼傷やけどをしました。けれども、そんなことには閉口しません。
豆小僧の冒険 (新字旧仮名) / 宮原晃一郎(著)
その時の名残なごりの焼傷やけどあとが残っていて、右足の指が五本とも一つにくっついてのっぺりしていた。
(新字新仮名) / 島木健作(著)