“ハエ”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:はえ
語句割合
南風33.3%
16.7%
反映16.7%
16.7%
這入16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
南風ハエは、日本語の南又は南風を意味する。
日琉語族論 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
南風ハエ平等ヒラには首里殿内シユンドンチ、真和志の平等ヒラには真壁殿内マカンドンチニシ平等ヒラには儀保殿内ギボドンチなる巫女の住宅なる社殿を据ゑて、三つの台地に集めた、三山豪族たちの信仰の中心にしてあつた。
琉球の宗教 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
実際ハエの君なのである。
日琉語族論 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
鉤ニナリ肉体ノ反映ハエヲ隈ドル 反抗ノ 虚栄ノ 怖ロシキ寡黙ヲ許セヨ
逸見猶吉詩集 (新字旧仮名) / 逸見猶吉(著)
ノッソリテ、ハエタタキノゴトク、バタットヤッテ、ウムヲワサヌ。
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
晝間ひるまネなれば田打櫻タウヂざくらハナコサゲんで、それガラマダグワツグワツと田サ這入ハエ
地方主義篇:(散文詩) (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)
カダルマゴにもよめにも皆死なれデ、村役場ガラコメコだのジエンコだのもらて、ムマヤよりもマダきたね小舍コヤコ這入ハエテセ
地方主義篇:(散文詩) (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)