“入:へ” の例文
売るものが留守るすろうはずは無し、どうしているか知らねえが、それでも帰るに若干銭なにがしつかんでうちえるならまだしもというところを
貧乏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
男「へい、そうですか、そんならお前さんのところの娘にちがえねえのだね、おいおっかア、こっちへんねえな」
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
行々子よしきり土用どようえつたてえに、ぴつたりしつちやつたな」と呶鳴どなつたものがあつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
「ふんとに俺は、棺桶がんばこえるまで、こうして稼がねえばなんねえんだな……」
駈落 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
おれあ、ほんとに腰骨折れっかと思った。まなぐさ、汗はえっし……」
駈落 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
はこなかにやなんだねえつてんなあ、人形坊にんぎやうばうだつて本當ほんたうかね」まへはうわかしゆ巫女くちよせ荷物にもつかけていつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
ったナ?」
共同耕作 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
穿うがってるぜ、畜生め、まったく御改革の今日びじゃ、五十五貫の初鰹はつがつおどころか、一口一分の初茄子せえ、江戸ッ子の口にゃえらねえ、んのことはねえ、八百八町、吝嗇漢のお揃いとけつからア、オロシヤの珍毛唐が風の便りに聞いて笑って居るとよ、ヘッヘッヘッヘッ」
礫心中 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)