礫心中つぶてしんじゅう
しはんほになすはかはすなにほんはし 「吝嗇漢に茄子は買は(わ)すな日本橋——か、ハッハッハッハ、こいつは面白い、逆さに読んでも同じだ、落首もこれ位になると点に入るよ」 「穿ってるぜ、畜生め、まったく御改革の今日びじゃ、五十五貫の初鰹どころか …
作品に特徴的な語句
かが よみ むざ つぶ しゃ 上下しょうか いえ わらい へえ あつら いで よう めず なり あた さわぎ わし 橋梁はしげた さす 其方そのほう はば 心配しんぺい かさ 退 さえ 申立もうした もら こぼ あび 穿うが 構内かまえうち しば 旋風つむじかぜ ゆびさ こさ 手焙てあぶ かいな うらみ 思召おぼしめし おう むご 引籠ひきこもり 引立ひきた わび すくな 容貌きりょう いえ とよ にわ 余裕ゆとり つら ねがい とも 切取きりと 銀磨ぎんみがき たぶさ とり 取調とりしら むら すか 起上たちあが 顧上ふるえあが 此処ここ 絹片ぬのぎれ うなじ 申迄もうすまで 紅葉もみじ すこぶ たけのこ はず かしら はし 鼈甲べっこう つか 立塞たちふさ 願出ねがいで 立入たちい つぶて 飛附とびつ 直々じきじき まげ