“願出”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ねがいで66.7%
ねがいいで33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“願出”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
いえ、それはあんまりでございます、——伝書を奪い取れば、井上様は此処ここまでいて来るに相違ない、其処そこを誘い入れて、両家の怨を解き、力を協せて五十丁撃の大筒を作り、公儀に願出ねがいでて、井上稲富両家とも立つように——兄上は仰しゃいました。
江戸の火術 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
自体、越前守様望みが大き過ぎたのじゃ、肥前唐津からつから、遠州浜松に国替を願出ねがいでたのも、ただ老中になり度い為——、老中になれば今度は大手柄を立てて、昔の柳沢出羽守やなぎさわでわのかみのように、幾十万石の大大名にも出世し度い、——限り無い慾の恐ろしさ
礫心中 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
近所の人だちの願出ねがいいでによって、警察へ引張られた彼女が、はりから逆さにつられて、目口へ水を浴せられたりするところを、お島も一度は傍で見せつけられた。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)