笑う悪魔わらうあくま
「勇、一杯つき合わないか、ガード下のお光っちゃんは、怨んで居たぞ、——近頃早坂さんは、何処か良い穴が出来たんじゃないかって——」 古参の外交記者で、十年も警視庁のクラブの主にされて居る虎井満十が、編輯助手の卓の上へ、横合から薄禿げた頭を突き …
作品に特徴的な語句
べえ 給仕ウェーター しお さえ レイ ねた しま 給仕ウェイター 表書うわが おう いで 彼方あっち ロック しき 洒落しゃ にらみ しっか 三鞭シャンパン おわ きずつ しつ おおい ひさし きま ほと なず うつ あかり 白痴こけ わたくし よしみ たとえ すか 野猪いのしし 一寸ちょっと 下司げす なが しま いささ 仕業しわざ もっ おっ 何処どこ 何時いつ しか わず 先刻さっき 先途せんど 其処そこ およ 処女おとめ 刷毛はけ 千種ちぐさ テーブル 口占くちうら 口吻くちぶり いな 呑気のんき あお すす うしな つぐ とら 四方あたり 固唾かたず 多勢おおぜい おびただ はら むし 小母おば もっと 屹度きっと 差支さしつかえ ついで 忽然こつぜん 怜悧れいり ことごと 悧溌りはつ 悪戯いたずら