“同宿”の読み方と例文
読み方割合
どうしゆく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
りて、星影ゆべくおどろ/\しければ、同宿たち渾名してヶ谷といふ。
逗子だより (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
申入るゝ者多かりしが今度同宿杉戸屋右衞門が媒人にて關宿坂戸村の名主是も分限の聞えある柏木庄左衞門庄之助に配偶せんとて約束双方結納
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
それがございましたので、骨惜みをしない、親切同宿だとじてゐました豐干さんを、わたくし大切にいたすやうになりました。するとふいとつてしまはれました。
寒山拾得 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)