“たれそれ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
誰某88.9%
11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
——それ、弁持の甘き、月府のきさ、誰某たれそれと……久須利苦生の苦きに至るまで、目下、素人堅気輩には用なしだ。
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
誰某たれそれだね……という工合ぐあいで、その時々の男の名を覚えて、串戯じょうだんのように言うと、病人が
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
またわれわれが『論語』や『聖書』を読み万世不朽ふきゅうの金言と称せらるる教訓にれても、うまいことをいっている、このおしえたれそれに聞かしてやりたいものだと、おのれの身にあてはめて考えるよりは、他人に応用する心地ここちすることがままある。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)