“幾何学”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きかがく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“幾何学”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 倫理学・道徳 > 人生訓・教訓6.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「試験の答案に、援軍きたらず零敗すと書くなんて、こんな乱暴な話はありません」と幾何学きかがくの先生がいった。
ああ玉杯に花うけて (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
片隅では光一をとりまいた四、五人が幾何学きかがくによって座蒲団二枚を対比して論じていた。
ああ玉杯に花うけて (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)