“鳩巣”の読み方と例文
読み方割合
きゅうそう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
故川田甕江先生は、白石鳩巣てた書翰と『折焚柴の記』に浪人越前某の伝を同事異文で記したのを馬遷班固の文以上にめたが
久濶のあいさつが終って、世情のうわさから、新将軍吉宗の人となり、或いは、政治のこと、鳩巣徂徠学派の悪口など、それからそれへ話が熟したころに至って
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
鳩巣の『駿台雑話』にも「老僧が接木」なる一章があり、三代将軍が谷中辺へ鷹狩に出た時、将軍とは知らずに今のような理窟をいって聞かした、という話が出ている。
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)